失業保険

失業保険を受けててキャッシングを利用できる?


景気が徐々に良くなってきているとはいえ、実際に自分の給料が上がるまでの影響を受けている人は少ないです。
そんななか消費税が上がり、税金の控除がなくなるかもしれないとだんだん家計を圧迫しつつあります。
会社が不景気な場合は、突然リストラに合うことも珍しくはありません。

また不景気のために急に倒産する会社もあります。
自分がいつ失業するかどうかわからないという時期ではないでしょうか。
万が一失業した場合、今まで当たり前のように入ってきた収入が全くなくなります。

生活の基盤となる住居の問題や生活費など、毎日生活できるのはお給料があったからです。
もし急に倒産になったとしても、唯一もらえる収入の一つに、失業保険があります。
失業保険は、雇用保険に一年以上加入している場合葉もらうことができます。

雇用保険未加入もしくは、一年以内の代謝の場合は、失業保険は受け取れません。
また失業保険は代謝の理由によってもらえる時期が異なります。
倒産や解雇になった場合は、手続きしてから数週間で失業保険をもらうことができます。

これに対して自己都合で退職した場合は、三ヶ月間もらうことができず収入がない状態が続きます。
貯金がない人にとっては一気に生活ができなくなってしまいます。
もし貯金があったとしても、家賃や生活費だけでも3カ月分というと数十万というお金が必要になります。
なので貯金も底をつくのが早くなります。

失業保険を需給している期間は一定額のお金をもらうことができます。
しかし今までの給料よりも少ないため、生活費が足りなくなってしまう場合が多いです。
そこでおおくの人が思い浮かべるのがキャッシングです。

キャッシングは申し込みの際に年収や職業をかく欄があります。
失業中はもちろんそこが空欄になるので、キャッシングは不可能に近いです。
金融会社も収入がない人には、返済の能力がないと考えるのが当然です。

なので失業中の金融会社でのキャッシングは難しいといえます。
それでも生活に困りお金がどうしても必要な場合があります。
キャッシングがだめならヤミ金融に借りるしかないと思う人が多いでしょう。

しかしそれ以外でもキャッシングできる方法があります。
それは就職中に作ったクレジットカードです。
クレジットカードのほとんどは、キャッシング枠というものがあります。
なので数万円の融資であれば、クレジットカードのキャッシングを利用して借り入れすることができます。
限度額が決まっていて、貸し金融よりも低い場合が多いという特徴があります。
なので必要な分だけ借り入れをして、失業保険でなるべく返済を早くするようにしましょう。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせないサービス All Rights Reserved.