失業保険

キャッシング利用中に職が変わった場合は再審査される?

人によってキャッシングの利用方法は異なります。
数万円が必要になり、数日後にすぐ返済する人もいます、
その逆に、キャッシング額が高くなると、すぐに満額返済できる人はほとんどいないでしょう。

数年かけて返済していく人が多いです。
数年間かけて返済していく中で、家庭環境が変わることも多々あります。
中でも生活に大きく関わってくるのが転職です。
転職する際には、給料も今までと異なります。

今まで借り入れしていたキャッシングの返済を急に請求されたらどうしようと不安になる人もいるでしょう。
例えば、転職先を報告すると今借りているキャッシングについて再審査されるのではと思っている人もいます。
そこで実際はキャッシング中に転職した場合はどうなるのでしょうか。

転職以外にも氏名の変化、住所の変化など個人情報が変更になった場合は、金融機関に報告が必要になります。
この際に、今受けているキャッシングに関しては、そのまま条件も同じく継続して返済することができます、
転職したからといって条件が厳しくなるということはありません。

なので今まで通りの額を返済することになります。
ただし追加でキャッシングしたい場合は職業が変わることで、新たな審査を受けなくてはいけません。
収入の違いだけでなく勤務年数が短くなるということが一番のデメリットになります。
勤務年数が長ければ長いほど、信頼性が高くなります。

転職してもまたすぐにやめてしまう可能性もあります。
なので新たにキャッシングをする際には、再審査がこなわれるということを忘れずにいましょう。
キャッシング会社にとっては、お客様から得た情報の中で融資できる人かどうかを判断します。
転職した人の場合、多くは収入が減少してしまう場合の方が多いです。

なので今までと同じような融資ができない可能性があります。
もちろん転職先によっても異なり、収入が上がるケースもあります。
しかし勤務年数が短くなるため、信頼性が低くなってしまいます。
微妙な判断に関しては各金融会社によって異なります。
なので契約時と職場が変わった際には速やかに報告するようにしましょう。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせないサービス All Rights Reserved.