失業保険

キャッシングの申込み審査には収入証明が必要?

不景気な時代で、日常生活が大変だと感じる人が多いのではないでしょうか。
またそのほかにも欲しいものがあってお金が必要不だという人もいます。
そんなお金を得る方法の一つとして、多くの人が利用しているのがキャッシングです。

キャッシングは、金融機関から必要額の融資を受ける事ができます。
融資を受けるためには、自分に返済能力があるということを証明する必要があります。
金融機関の中には、ネットで申し込みができるところも増えてきています。

ネットでは実際会うこともないため、どのような人物かということを見極める事がとても難しいです。
面談などを行っていれば、年齢や見た目や知りたいことなどは質問することもできます。
しかしそれができない分、限られた情報で融資できる人物かどうか見極めなくてはいけません。

そこで一番の返済能力があるかどうかわかる証明としては、収入証明です。
会社で年収がかかれた証明書になるので、自己申告ではなく確かな情報を得ることができます。
このキャッシングが必要になる場合とそうでない場合とがあります。

それはキャッシングする金額によります。
キャッシング会社によって金額の設定が異なります。
数万円から50万円以内であれば、収入証明がいらない場合が多いです。

しかし五十万以上から数百万円の借り入れをする際には、収入証明が必要になります。
キャッシング会社にとって、融資額が大きければおきいほどリスクが高くなります。
なのでその分審査が厳しくなるのは当然のことです。

特に返済能力は、自己申告では虚偽の年収を書くこともできてしまいます。
本当に返済の能力があるかないかを見極めるためにも、収入証明が重要になります。
中には借り入れを複数している人もいます。

その場合は、そのほかのキャッシングしている総額が規定の金額を超えていた場合は、収入証明が必要にあります。
新規だからいらないのではと思う人もいるかもしれませんが、記者によって対応も異なることを知っておきましょう。
なぜ収入証明が必要なのかというと貸金業法の法律で定められているからです。
法律の中で、返済能力の調査に関する第13条にて、50万円を超えた場合は収入証明が必要になることが決められています。
逆に50万円以上で収入証明書がいらない場合は、法律を破る危険な金融会社だといえます。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせないサービス All Rights Reserved.