失業保険

未成年がキャッシングを申し込む場合は親の同意が必要?

年頃になると、欲しいものや買いたいものがたくさん増えてきます。
親に金をもらって購入する人もいれば、高校生になって自分でアルバイトをして購入する人もいます。
自分でお金を稼ぐことで、お金の価値をしっかり学ぶことができます。

自分のご褒美やお金を自由に使えることがうれしく感じるものです。
しかし、必要以上にお金を使いすぎたり、どうしても欲しいものを手に入れたいためにキャッシングしようとする未成年もいます。
はたして未成年の場合は、キャッシングが可能なのでしょうか。

未成年でも18歳以上でなくては、まずキャッシングはできなくなっています。
高校卒業して社会人になる人もいれば学生の人もいます。
社会人になって一定の収入があったとしても、まだ未成年ということで信頼性が低いのが現状です。
なのでどちらの場合も保護者の同意が必要になります。

親が一緒に申し込みにいく、もしくは同意書を提出する必要があります。
また審査の際には保護者に確認の電話をとる場合も多いです。
特に学生の場合は学生証などの提示が必要になり、一定のアルバイトなどの収入がある方が審査が通りやすくなります。

もしも親の同意がなく金融会社が未成年と知っていて融資していた場合は、どうなるのでしょうか。
両親に連絡が入り、何も知らないことに驚いてしまうでしょう。
日本では未成年が借りた場合は、借りたお金をそのまま返金すれば契約を取り消すことができます。

10万円借りたのであればそのまま10万円を返金し、利息などを払う必要はありません。
ただしもし未成年が借りたときに年齢を偽って、成人として借り入れしたとします。
その場合は、契約が無効にはできません。

なので支払いの義務が生じてしまいます。
また親の同意書を偽装してキャッシングをしてしまう場合もあります。
この場合も契約は無効にできないので、このような事をさせないようにしましょう。
また例外として18歳以上の未成年でも親の同意書がなくてもキャッシングできる場合があります。

それは既婚者であるということです。
未成年でも既婚者であれば、成人と同じとみなされます。
また営業許可をとって自分で自営業をしていて収入がある人もキャッシングできる可能性があります。
例外をのぞき、基本的には18歳以上でなければキャッシングはできず、さらに親の同意書も必要になります。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせないサービス All Rights Reserved.