失業保険

キャッシングで借りたお金を返済中に車購入でローンは組める?

キャッシングをしている人やこれから検討している人もいるでしょう。
キャッシングでは数万円から数百万円の融資を受けることができます。
もちろん年収に応じて借入可能額が変わります。

それは年収が多い人ほど、返済能力が高いという判断がされるからです。
これは人によって額も異なり、返済期間も異なります。
借入額が多い場合は、長い期間で返済を行うことになります。

例えば返済中に、急に車が故障してしまって購入しなくてはいけなくなる場合もあります。
キャッシングでお金を借りている人の多くは、車もローンで購入する場合が多いでしょう。
このようにキャッシングの返済に中に、車のローンを組むことが可能なのでしょうか。
まず車のローンを組む際にも、キャッシングと同じく審査が行われます。

その審査用紙の中に、キャッシング残高を記入する場面があります。
ここに今これで借り入れして、返済が残っている金額を記入します。
この金額が多ければ多いほど、審査でおとされる可能性が高くなります。

それは個人で借り入れできる金額が決められているからです。
年収の3分の1までしか借り入れすることがでいません。
なのでキャッシングの残高と車の金額が、年収の3分の1を超えてしまうと審査はとることができません。

もし車検を通さずに車を買い換えようかなと思っている人などは、安易にキャッシングするのはやめましょう。
例えば、年収の3分の1を超えなかった場合は、問題なく車のローンを組める場合が多いです。
しかし金額以外でも気をつけなければいけないことがあります。

それは、支払い状況です。
具体的にはキャッシングの返済中に、返済が滞っていたり遅延していた場合があげられます。
この場合は、車のローンの審査に大きな影響があります。
金融機関の信用度が落ちてしまい、借り入れができなくなってしまう場合があります。

もう一つ条件としては、借入先が重複している場合です。
何社からも重複して借り入れしている人は、多重債務者として扱われるケースが多いです。
自分の信頼度が下がってしまうので、借り入れする際にはなるべく同じ会社で契約するようにしましょう。
もしキャッシングをしている人は、返済に関しては細心の注意を払っておく必要があります。

Copyright(C) 2013 生活に欠かせないサービス All Rights Reserved.